手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話 娘がただのメスになった日

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話 娘がただのメスになった日を実際に読んでみた感想レビューです。

小桜クマネコさんの公式ツイッターで話題に上がるなど、チンジャオ娘さんの新作手塩にかけた娘人気が伺えますね。

主人公のやさぐれた父親は、見た目40代ぐらいで会社内では主任という肩書きがある。

その娘・中村陽葵(ひなた)ちゃんは、バドミントン部で汗を流す運動神経抜群な女子校生だ。滅茶苦茶可愛いので異性からモテそうですね。

食欲旺盛でムチムチな体型に、まるでマスクメロンのような乳房に目を奪われた方もいるのではないでしょうか。

仕事から帰宅したお父さんに抱きつくほどの甘えん坊さんな一面もあり娘との仲が良いのが羨ましい限りですね。

お箸を持ってご飯粒を口周りに付いたまま、家の玄関に走っていく姿が可愛らしい。

誰もが羨む素晴らしい家庭ですが、お父さんと陽葵(ひなた)ちゃん全くと言って良いほど似ていないのです。

理由はともかく、幼少期の頃から何年も手塩に育てた娘がDNA鑑定で親子じゃないと分かった時にはショックじゃないですか?

社会人サークルにて知り合った妻には、前に付き合っていたチャラい彼氏がいたらしい。

その男と遊んで出来た子だと推測しますが、本当のことは中々言い出せないのでしょう。

父親の遺伝子を引き継いでいるのかそれとも他人の子なのか…。

DNA鑑定にて親子関係が明らかになりますが、この後の展開は貴方の目で是非とも本編を確かめてみてくださいね。